ムジカティーが飲めるお店・買えるお店

SHOP GUIDE
vol.13
テクテク紅茶や

ムジカティーを気軽に飲めたり、買えたりするお店を紹介します。

かなりご無沙汰の「ムジカティーを訪ねて」シリーズの投稿です。
今回は大阪箕面市にある「テクテク紅茶や」さんです。
筆者の笹岡が長く訪れてみたかったお店のひとつであるテクテク紅茶やさんは今年10周年を迎えました。

こんなめでたい時に訪れることが出来た喜びと共にテクテク紅茶やさんを紹介させていただきます。

ちょっとお茶しよ

せっかくのお休みだし、お家で猫と過ごすのも悪くないけどこんなに天気の良い日は何処かに出掛けたい。
Instagramを見てるとテクテク紅茶やさんが「11月27日(日)〜29日(火)の3日間だけの周年記念メニュー」を告知しているではないか!これは行くっきゃない!

僕がムジカティーに勤め出して7、8年になるのですが初めてテクテク紅茶やさんに訪れました。

初めての訪問が10周年記念のめでたい日なんて、何だかちょっと嬉しい。
おめでたいことを一緒にお祝いできるってなんだか良いですよね。心がほかほかします。

この日は事前に連絡せずに訪問したので取材は避け、周年記念メニューを堪能しました。

僕がこの日頂いたのは「10腐(豆腐)と挽肉カレー」

写真から見てもらっても伝わると思うのですが、美味しいんですよ。
このカレーがまた美味しいんです。

スパイス加減といい、挽肉のこのホロホロっと感といい、ボリュームといい、ほんとちょうど良い。

このカレーに合わせた紅茶は【四日市】という和紅茶。

ムジカにある杵築紅茶やねじめ紅茶とまた違って、華やかなんだけど柔らかい優しい印象ではなく、シュッとした印象。カレーと合わせても紅茶の味がしっかりしているので「合うな。」の一言に尽きる。
紅茶の程よい渋みがちょうど良い。

紅茶ってどうしてもお菓子や甘いものと合わせるイメージがあるけど、食事とも合うものも多い。

ここのお店ではそれがしっかりと伝わる。

ムジカティーとの出会い

このままだと僕のただの訪問記で終わってしまうので帰る際に「【ムジカティーを尋ねて】で紹介させてほしい」とお願いし、その後はメッセージで取材をさせていただきました。

ムジカティーとの出会いとお店を始めた理由をお聞かせください。

「コーヒーが飲めないから消去法で紅茶を選ぶ、程度の、浅い紅茶との付き合いだった前職時代。
先輩に堂島にあったムジカに連れて行ってもらい「え?!なんでこの紅茶とその紅茶はこんなに味が違うの?」が高じて紅茶にハマりました。」

「通ううちに「この気付きや愉しさを今度は伝える側になりたい!」となり開業を決意。
勇気を出してT-san(堀江敏樹)に初めて話しかけました。」

今でも思い出すとあの時の緊張が蘇るんだそう。
僕もムジカの門を開けた時は凄く緊張したなぁ。

「タイミングが良くムジカ主催のスリランカツアーがあったので同行し、それがキッカケで勇真さんをはじめ当時のムジカティースタッフの皆様に沢山助けていただき、お陰様で現在、此処に至ります。」


店名の由来


店名の由来を聞いたのですが、これは僕がここで書き込むよりも是非テクテク紅茶やさんのブログを読んでほしい。
テクテク紅茶やさんのスピッツ愛もさる事ながら、この記事を読むとふふッとした笑いもあり、これは、僕の本当に個人的な感想でしかないんだけど「なんかいいな」が多い。

テクテク紅茶やさんの書く文章は「なんかいいな」が多い。

文章ってその人の人となりが伝わってきますよね。
ブログのリンクを貼っておくので是非記事を読んでください。

テクテク紅茶やさんの名前の由来と、オリジナルブレンドの誕生話は下記のリンクからどうぞ!

最強ブレンド、テクテクティー誕生!

テクテクの中身「屋号「テクテク紅茶や」の由来

「1+1=3」

テクテク紅茶やさんのオススメメニューを教えてください。

「オススメメニューは沢山あるのですがひとまず二つ!」

「自家製ジャム付きスコーンとチャイマフィンと紅茶の【紅茶やset】
そのほか、紅茶との組み合わせで「1+1=3」になるようなお菓子を日々作っています。」

「スパイスたっぷりの【ゴハンモノ】
ゴハンモノは平日限定、奇数月はチキンカレー、偶数月はチキンハヤシライスをご用意しております。」

今回、僕は記念カレーをいただきましたが次はぜひ紅茶setを堪能したいですね。
チャイマフィン気になる〜〜〜〜!
あー、でもカレーもハヤシライスも気になるなぁ。

10年という節目を迎えて

僕が今テクテク紅茶やさんに一番聞きたいことが「10年という節目を迎えて感じること、伝えたいこと」です。

「やっと一区切りだなというのが素直な実感ですが、だからと言って何かを変えるとかいうことはなく。」

「フレーバーティーよりブラックティーを愉しんでほしい、国や産地の違いを愉しんでほしい、ポットオブティーの濃くなっていく時間ごと愉しんでほしい。そうして紅茶が日常生活の一部になってほしい。」

「なので開業時から変わらず、一日一日、一杯一杯、心を込めて紅茶をお淹れしていきたいです。
その積み重ねで美味しい紅茶を飲む生活を過ごす方がまた一人増えれば嬉しいです。」


「ちょっとお茶しよ。」そんなひとときのための紅茶やさんです。

改めて10周年おめでとうございます。

店名を入力

電話番号072-737-9288
住所大阪府箕面市白島3-1-14
営業時間11:30〜21:00(L.O.20:00)
定休日木曜日+朔日
SNS@tekutekutea (Instagram)

2022年11月 取材・撮影 RUKI